再代襲(さいだいしゅう)

被相続人の相続開始の日において、相続人となるべき実子及びその子が既に死亡している場合は、そのさらに子(被相続人のからみた曾孫)が相続権を有することとなる。
なお、兄弟姉妹の孫については再代襲とはならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 非課税財産(ひかぜいざいさん)

  2. お布施(おふせ)

  3. 相続分(そうぞくぶん)

  4. 二重課税(にじゅうかぜい)

  5. 秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

  6. 外国税額控除(がいこくぜいがくこうじょ)