死因贈与(しいんぞうよ)

贈与者の生前に契約を交わし、贈与者の死亡を条件に効力が生ずる贈与。
贈与者、受贈者双方の合意が必要であり、贈与者の死後、財産の受取りを放棄することができない。
これにより取得した財産は、相続税の課税対象となる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. お尋ね(おたずね)

  2. 法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

  3. 類似業種比準価額(るいじぎょうしゅひじゅんかがく)

  4. 直系尊属(ちょっけいそんぞく)

  5. 申告期限(しんこくきげん)

  6. 重加算税(じゅうかさんぜい)