退職金(たいしょくきん)

被相続人が支給されるべきであった退職金を、被相続人がなくなったことにより相続人が支給を受ける場合で、被相続人の死後三年以内に支給が確定したものをいう。
みなし財産として相続税の課税対象となる。
なお、支給額のうち500万円×法定相続人の数に達するまでの金額は、非課税となる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 延滞税(えんたいぜい)

  2. 未成年者控除(みせいねんしゃこうじょ)

  3. 名義預金(めいぎよきん)

  4. 法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

  5. 死因贈与(しいんぞうよ)

  6. 相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)