お尋ね(おたずね)

税務署から送られる「相続税についてのお尋ね」には、遺産の内容を確認して、相続税の申告を促す目的があります。

親族が亡くなったときは、市区町村役場に死亡届を提出する必要があり、この情報は税務署にも通知されることになっています。

税務署は、亡くなった人について過去の確定申告書や固定資産課税台帳、さらに保険会社から提出される保険金の支払調書などから財産がどれぐらいあるかを調べます。

その結果、一定以上の財産があると見込まれる場合に「お尋ね」が送られます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)

  2. タンス預金(たんすよきん)

  3. 終身利用権(しゅうしんりようけん)

  4. 遺産分割(いさんぶんかつ)

  5. 遺留分(いりゅうぶん)

  6. 非課税財産(ひかぜいざいさん)